神奈川県相模原市の障害者施設に刃物を持った男が侵入、19人が心肺停止

2016年7月26日の午前2時30分過ぎ、相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」から刃物を持った男が侵入したと連絡があった。

津久井やまゆり園

津久井やまゆり園とは

神奈川県相模原市緑区にある障害者施設で、運営は社会福祉法人かながわ共同会。 かながわ共同会は神奈川県子ども・子育て支援推進条例に基づく推進事業認証社で定員は150名

神奈川県相模原市緑区千木良476

被害状況は

6時37分現在の把握状況によると、19名が心肺停止、20名が重症と言われています。

刃物を持った男は

刃物を持った男は、その後神奈川県警津久井署に自ら出頭。 「自分がやりました」との発言を受けて緊急逮捕した。

容疑者自らの証言によると、20代で元職員であるという。なお、その後の調べで元職員の名前は「植松聖」であることがわかった。

やまゆり園は解体へ

事件の現場となった相模原の障害者施設「やまゆり園」は2018年5月に解体。

報道によると地元関係者は「これで一つの区切りになった」と感想を述べている。