タグ: 御霊前

御香典・御仏前・御霊前の違いや使い方について悩みますよね

親族や知人・友人の急な不幸のときや、四十九日、初法要、初盆など失礼があってはならないと焦る時に不祝儀袋ののしの書き方って悩みますよね。

最近ではコンビニや文具店などで売られている不祝儀袋には説明書きがありますが、それでもどれを買っていいのか悩むもの。

そこで今回は御香典、御仏前、御霊前の違いについてお話いたします。

概ね日本人にはもっとも多いと言われている仏教を前提に話を進めますが、もし故人の宗教がわからない場合は最後の「宗教がわからないときは」をお読みください。

御香典とは

DEZALB / Pixabay

御霊前(ごれいぜん)とは、故人の御霊(みたま)にお供えする金品を指します。

仏教の多くの宗派では亡くなってから四十九日が過ぎるまでは仏に成れていない、つまりは御霊の状態であるとされ、御霊前の不祝儀袋を使うのが一般的とされています。

御仏前とは

四十九日を過ぎると故人は御霊から成仏して仏様になられますので四十九日以降は御仏前

御香典とは

宗教がわからないときは

 

Filed under: 知識・雑学Tagged with: , , , , , ,