やったー!SBI証券も米国株式の取引の手数料を値下げ、衝撃の手数料0円〜

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

最近のアメリカ株式(ダウ、ナスダック)が好調を受けて、日本株しかやったことがなかった@soraもちょっとかってみようかなぁー、でも資金もないし、少額だと手数料の負担が大きいしなぁ…なんて思っていた今日この頃(笑)

マネックス証券、楽天証券が相次いで手数料の値下げを発表していたので…


マネックス証券、楽天証券の手数料は?!

マネックス証券、楽天証券ともに最低手数料を0.01ドルにすると発表。

両社とも手数料率は0.45%なので約定代金が2.2ドル(日本円で約220円)までなら0.1ドルってことですね!

さすがに220円の株を1株を買うケースは稀だと思うけど、それでも手数料が安いのは有り難いですねー。

実は3社ともに口座はある(笑)

毎日のようにログインしては、膨らんでいく損失をブルブルと震えながらながめているのはSBI証券の管理画面なのですが、実はマネックス証券も、楽天証券も口座は開設しています(笑)もちろんどちらも日本株口座なので、米国株式の取引する際には別途手続きが必要ではあるんですけどね。

マネックス証券はネット証券の創成期に口座開設を。ちょっと使ったのですがいつの間にか使わなくなってしまいました。

もしかしたら残高があるかも?!(笑)

そして、楽天証券の方は完全にiDeCo専用ですね。楽天銀行から自動引き落としで楽天証券にてiDeCoを運用しています。

満を持してSBI証券きたーーー!

こんな状況だったのでマネックス証券でも取引を再開しようかなぁ…っと思っていた矢先にSBI証券さんからきましたよ、米国株式手数料の値下げが

それも、0ドル(笑)

もう0なんで、0ドルでも、0円でもいいんですけどね(笑)

早速朝から米国株式口座の開設をポチッとしちゃいました。

さーて、これでトイザらスの株が買えるぞぉ〜え?時代遅れ???

御意

楽天証券も0円!

【2019/07/11 追記】なんと!この記事を公開したタイミングで楽天証券も「米国株式の取引手数料0円」を発表してきました(笑)

完全にSBI証券を意識した発表となっていますが、口座利用者にとっては嬉しいサービス競争ですね。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください