元フジテレビの女子アナ、高島彩さんが退職時の電話で批判されているらしいが、その批判は正しいのか?!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

元フジテレビアナウンサーでアナウンス室室長の経歴もある福井謙二さんが、テレビ番組「お笑いワイドショー マルコポロリ!」内でぶっちゃけた、フリーアナウンサー・高島彩さんのフジテレビ退職時に藤井さんにかけた電話の件で批判されているらしいが・・・

休暇中の上司に直電、それも事後報告

残念ながら批判の発端となった、テレビ番組「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(カンテレ)は観ていないのですが、ネット上にある情報を集約すると当時アナウンス室室長であった福井さんが、夏季休暇を取得して、奥様と京都・比叡山を観光していた。その時に人気絶頂であった高島彩さんから携帯で電話がかかってきて

私、フリーになりたい。それで今、局長にご相談したところなんですが

と言われたというエピソード。

今となってはテレビ番組で語れるということは、福井さんも苦い思い出での一つとして理解したのだと思うのですが、きっと当時はパニックだったでしょうね。

だって、高島彩さんと言ったら、当時は中野美奈子アナと二人でフジテレビだけでなく、女子アナ界のツートップと言っても過言ではないほどの人気でしたから。当然のことながらフジテレビの多くの番組はこの二人で回していましたし。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 才色兼備 /(フジテレビアナウンサー) 【中古】afb
価格:298円(税込、送料別) (2019/4/14時点)

楽天で購入

 

ネット上の批判の多くは

さて、これに対してネット上からは高島彩さんに対しての批判が殺到(とは言っても、これもネット上の情報なので本当に批判が殺到しているのかはある意味不明ですが)

その内容は

  • 休暇中の上司にいきなり電話するとは!
  • 所属するアナウンス室室長をすっ飛ばして、局長に直談判して、事後報告!!!

というようなこと、それに類似する内容らしいです。

確かに福井さんの話を聞く限りだと、普通の会社員が、普通に生活していたらちょっと批判されそうな行為ではありますよね。普通ならね・・・

退職経験がある身からすると

@soraは何度か退職ということを経験しているのですが、その内何度かはまず冷静な判断ができない、もしくはできたとしても「そのまま続けたら心身ともにおかしくなる」ということが冷静にわかりますねー。

ご結婚をされて、出産、育児もこなしながらも、今でもアナウンサーとして素晴らしい活躍をされている高島彩さん、普通の精神状態なら、休暇中の上司にプライベートな相談電話をしないということが、社会人としてはどうなの?という行為であることくらいはわかると思うんですよね。

つまり、それほどまでに精神状態が悪化していた、追い込まれていたということではないかと。

当時は生放送のレギュラーもあり、特番もあり、チャンネルを8に合わせれば高島彩さんを見ない日はない、というほど売れっ子で、忙しい女子アナでしたから、いっぱいいっぱいだったのではないでしょうか。

押し付けの正義感が人を追い込む

そんな、彼女の状態を想像すると、批判なんてとてもできないし、むしろ「そこまで追い込まれていたと思うと可哀想で、人気過ぎるの女子アナも大変だな・・・」と同情してしまいます。

結局のところ他人事ですし、殆どが匿名のネット・SNSの批判なのでそんなものなのかもしれませんが、状況や気持ちもわからず、ただ「上司の休暇に電話をするのは非常識だ!」的な押し付けの正義感はどうなんでしょうね。

そういう風潮が、きっと追い込まれてしまって自ら命を絶ってしまうような人を生むんじゃないかな・・・。

でも、きっと自殺した会社員に対しては、それはそれで「死ぬくらいなら周りを気にせず会社辞めろよ」って批判するんでしょうけど。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください