通勤時間帯で混んでいるにも関わらずドア付近から動かないアホ人間の3つの特徴

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

相変わらず社畜の筆者はいま通勤電車に揺られています。いや、揺られていると言ってもゆりかごのような癒やしなものではなく、朝からスーツでロウリューなようなものです。

でも、この電車車両の奥の方は空間があるのですよ、そこには美味しい空気が吸える場所が、なのに、なのにですよ!ドア付近から動かないアホがいるんですよね、次の駅で降りるなど事情もあるのでしょうが、ラッシュの混雑を考えたらもう少し忖度(そんたく)しませんか?

※忖度の使い方が間違っている可能性がありますが、使いたかっただけなのでご容赦を。

そこで、混雑しているのにドア付近から動かないアホな人の特徴を探してみました。

1 まず視線を合わせず手すりなどに捕まって、踏ん張る傾向にあります。

こちらから力を加えようものなら、低反発枕もビックリするほどに、すぐに反発してくるのです。

2 あと、圧倒的に男性が多いです。正確に言うならば中年男性から高齢な男性も。

俺はこのためにジムで鍛えているんだ!と言わんばかりの力自慢のつもりなのでしょうか?肉体だけでなく精神面も鍛えた方が宜しいかと思います。

3 身長が高い人の方がドア付近が好きなのでしょうか。多くが高身長に感じます。

はぁ、ブログを書いていたら電車が乗り換え駅についたので、ひとまずこのへんで。

Filed under: 未分類

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください