肌に良いと思われているビタミンCを含む果実が日焼け促進してる可能性があるって知っていましたか?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

女性の方は、ビタミンCが肌にいいのはご存知だと思います。

ビタミンCはレモンやオレンジ、グレープフルーツなどにの生のフルーツにたくさん含まれています。

しかし、肌にいいとされているビタミンCが日焼けしやすく、更に、シミを作りやすくしてるってご存知でしたか?

なぜレモンやオレンジは、日焼けしやすいのか

ビタミンCを含むレモンやオレンジには、肌にはもちろん効果的です。

そんなレモンやオレンジですが、それビタミンC以外に「ソラレン」という光毒性の性質を持っているんです。

光毒性とは、直射日光に当たると紫外線を吸収してしまうんです。
その結果、肌に悪いダメージを与えてしまい、結果的に色素沈着をしやすく、シミができやすくなってしまうという事なんです。

ちなみにこの光毒性のソラレンは一般的な成人の場合、2時間で全身に行き渡ると言われています。

フルーツを摂取するなら朝

フルーツを摂取するのは朝がいいとされてます。その理由は、朝は体が排泄・浄化を頑張っている時間だからです。

その排泄・浄化の助けをするのが「食物酵素」と呼ばれるものです。つまり酵素をたくさん含んだフルーツを朝に食べるのがいいとされてるんです。

昔からの格言に「フルーツを摂る時間帯は、朝は金、昼は銀、夜は銅」と言われてることもあるようです。

そして、酵素は生の状態の食品にしか含まれていません。熱に弱い加熱してしまうと酵素は消えてしまうんです。

そこで加熱することなく、体にもいいとされてるフルーツを朝に食べて、会社に行く、学校に行く、となるわけです!

では、ソラレンがあるからシミなどが怖い、でも日焼けはしたくない!と言うときはどうすればいいのでしょうか?

答えはこれです。

朝に摂取するといいフルーツ

「ソラレン」という光毒性を持つフルーツは主にレモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘の果物です。
それ以外にも光毒性を持たず、ビタミンCを多く含むフルーツがあります。
ばなな、りんご、いちご、アセロラ、柿などです。
それらを朝に摂取すると肌にもよく、シミも作りにくいというわけです。
レモンやオレンジなどの柑橘類は夜に摂取する事で効果を発揮します。
日焼けによるメラニンを抑制して、美肌に効果的です。

フルーツは体や肌にとてもいいですが、より効果を発揮させる為に、摂取する時間帯をふまえ、上手に旬のフルーツを食べたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください