カジノ法案って何?どうして野党は反対しているの?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

Yahooのトップ画面に「カジノ法案、強行採決へ、今日午後衆院委員会」とあったのだけどこの「カジノ法案」って何なのだろう?

最近の法案(法律)はかなり複雑化しているようで、立法に携わった人間ですらも正確に説明できないことがある。

で、カジノ法案は「カジノを含む統合型リゾート実施法案」というものらしく、決してカジノについてのことのみ書かれた法律ではないようです。

では、なんでこのカジノ法案に対して反対しているのでしょう?

「何でも反対するのが野党の仕事だから」という声も聞こえてきそうですが、主だった大義名分は「ギャンブル依存症対策が不十分だから」ということらしいです。

確かに、ギャンブル依存症の国民が増えるのは問題ですし、カジノはギャンブルですから、一理はあるような気もしますが…。

でも、すでに「パチンコ」という立派なギャンブルがこの国には根付いていませんでしたっけ?

しかも、年金生活者からがっちり年金をむしり取る感じで。。。

つまり、ギャンブル依存症を問題視するのであれば「パチンコ」の排除も含めた、議論が必要なのかなとsoraは思ったりするわけです。

パチンコは良くて、カジノは駄目なんて、おかしいですもんね。

国会議員の皆さまにはしっかり議論していただいて、カジノを健全かつ安全な産業として発達していくよう、今後も議論をお願いしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください