親の心子知らず、子の心親知らず。

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

最近、仕事とか子育ての心労があり、調子にのってこないsoraです。

子育てとは言っても、幼児や小学生ではなく高校二年にもなる息子なので本来は放置していても良い歳頃なのですが、どうしも息子の日々の言動を見ているとイライラしてしまうんですよ…。

まあ「親の心子知らず」とは昔から言ったもので、なかなか思いが伝わらない、もしくは、その思いに対して温度差があるのが歯痒いですけどね。

きっと、息子からしてみれば「子の心親知らず」なわけで、きっと本人にも言い訳や理由があるのでしょうが、何を聞いても「甘え」に聞こえてしまうのはsoraの心に余裕がないからなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください