日馬富士の暴行事件について思うこと

ふだんは相撲を見ることもなく、千秋楽辺りで優勝がかかった一戦をたまたまTVを観ていたら見入る位のsoraですが、今回の日馬富士の暴行事件については思うところが多々あります。

冷静に、中立に、日馬富士のファンでもなく、貴乃岩のファンでもなく、ましてや貴乃花親方とは無関係な状態で事実だけを見れば明らかに加害者が日馬富士で、被害者が貴乃岩のはず。

にも関わらず、一部マスコミや相撲ファンからは貴乃岩の親方である貴乃花を誹謗中傷する声が…

わかんねぁなぁ。

例えば、あなたの子供が先輩に暴力を振るわれて、大怪我をして、それを警察に言った。

まだ警察からなんの判断も下されていない段階で、学校から事情を説明してくれと言われたら普通『警察に任せてあるので今はなにも言えません。』と応じるのが普通だと思うが。

どうやら相撲協会やらに忖度して、貴乃花親方を悪者にしたい人達が多くいるのですかね…

日馬富士が引退して終わらせることなく、日本の国技、文化と歴史を守るためにも、今一度考えてもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です