Blog

中国の春節2021年と緊急事態宣言

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

コロナニュースに飼い慣らされて、コロナ感染者数が更新されるたびに「今日もパーソナルベスト更新かあ…」と独り言は言っているそらです。

そんなそらの地元、中華街で盛り上がる春節とニュースで話題の緊急事態宣言についての話だよ。

2021年の春節はいつ?

中国の伝統行事「春節」、春節は旧暦のお正月で2021年は2月12日(土)となっています。

そして中国からの観光客がどっとやってくる春節の大型連休は2021年2月11日(金)から2月17日(水)までとなっています。

そもそも春節ってなんなの?

春節とは、中国で伝統のあるお正月がお祝い事で、現在の暦(新暦)のお正月を元旦、旧暦のお正月を春節とした歴史があります。

緊急事態宣言が1か月限定の謎

さて、春節の話は一旦横に置いておいて、明日(1月7日)にでも菅内閣総理大臣から発表されるであろう「新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言」は1か月限定の2月7日までの方針とのこと

あれ〜???

専門家の意見でも一か月で収まる気配がないのに、一か月とかって期限を決めて大丈夫なのですかね?

感染者数なり重症者数、もしくは病床の空き状況などを基準にして緊急事態宣言を実施した方が良いのでは?と素人ながら思ってしまいます。

ここで冒頭にお話しした春節。もしかして、春節時には緊急事態宣言を解除して、中国からの観光客を目論んでいるのかな…なんて、そらの妄想であれば良いのですけど。

投稿者

info@soranocurtain.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください