Blog

「ずつ」と「づつ」はどちらが正しいの?恥ずかしくない日本語への道

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

子供たち3人に1人1万円ずつお年玉を渡して…なんて予定を計画しているそらですが、ここで「あれ?1万円ずつ」の「ずつ」ってあってたっけ?という不安が。

心の中でつぶやく分には問題のない日本語でも、何かしらに書こうとすると間違えるのは恥ずかしい。そこで「ずつ」と「づつ」どちらが正しいのか?という話なんだけど、結論から言うと「ずつ」が正しいようです。

ちなみに国語辞典(出典元:デジタル大辞泉(小学館))には次のように記載されています。

ずつ〔づつ〕 の解説
[副助]数量・割合を表す名詞・副詞、および一部の助詞に付く。
1 ある数量を等分に割り当てる意を表す。「一人に二本ずつ与える」「五〇人ずつのクラス編成」

2 一定量に限って繰り返す意を表す。「一ページずつめくる」「少しずつ進む」

[補説]「一つ」「二つ」の「つ」を重ねたものか。中古から用いられる。

ということで「ずつ」が正解で、但し「づつ」という表記でも意味としては伝わる、と言ったところでしょうか。

「お小遣い」の読みは

ちなみにお年玉で思い出しましたが、漢字で書くと「お小遣い」の読みは「おこづかい」でこちらは「づ」なんですね。

そらは一つ賢くなりましたね(笑)

 

投稿者

info@soranocurtain.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください