CPIショックとはなんぞや?!

12日の米国株式市場はダウ、ナスダックともに大幅な下落。おかげで13日の日経平均株価も冴えない(9:35現在430円安)のだが、この下落について「CPIショック」と言わている。

で、ここで思うのが「CPIショックとはなんぞや?!」なわけですよ。

CPIとは消費者物価指数のことらしく、今回はアメリカの消費者物価指数なので米CPIが市場予想よりも高かったことが発端みたいですね。

消費者物価指数(CPI)が高いということはインフレ懸念が高い→利上げされる→株価下落(特にグロース銘柄には厳しい)という流れのようです。

米国の金利が上昇するってことはドル高円安になるってことなので、ドル円のロングでも買っておこうかな、なんてね。

Filed under: 未分類