思考する習慣

癖なのだろうか、いつも何かを考えてる。脳が休息しているのは寝ている時だけである。それはいつの頃からだろうか、まさに「物心ついたとき」から常に何かを考えているのである。

この思考する習慣はすべての人がそうなのであろうか。

何も考えずに時間が過ぎるとはどのような状態なのだろうか、こうして疑問は生まれ、考えてしまうのである。

物事に没頭する。時間を忘れるほど夢中になる。どちらも何も考えずに時を過ごしているわけではなさそうである。

このブログを書きながらも「どうやったら多くの人に読まれるだろうか?」「日々考えていることをただただ書き綴るブログってどうなの?」と脳内を駆け巡るのである。

Filed under: Blog